かごに入ったブルーベリー

視力回復

ブルーベリーの摂取方法

目に栄養を与えてくれるアントシアニンという成分が含まれるブルーベリーは、食べたいけど果物としてなかなか食べる機会が少ないという人は意外と多くいたりします。
そのような人は、ブルーベリーの果肉を使った加工食品を利用すると摂取することができるようになり、その効能を引き出すことができるようになります。
たとえばジャムやペーストだったり、サプリメントだったり、ブルーベリーの果肉そのままを使ったフレッシュジュースだったり、そのほか果肉をそのまま入れたヨーグルトやゼリーなど、目に良い効能を引き出すために摂取する方法は意外といくつでもあるものなのです。
いろんな方法から栄養を摂取して、体の健康を保つことができるようになります。

さまざまなベリー系果物の効能

ブルーベリーのほかにベリー系の果物はたくさんあり、それぞれ健康的に美容的にも良いといわれるその含まれている栄養素はさまざまです。
イチゴもそうですし、ラズベリー、クランベリー、カシス、ブラックベリーなど、いろんな種類があります。
イチゴはビタミンCの女王といわれており肌に良い効能を引き出しますし、ラズベリーにはラズベリーケトンという脂肪燃焼に役立つ独特な成分が含まれていますし、クランベリーはキナ酸が含まれており膀胱炎予防の効能を引き出しますし、カシスにも実はアントシアニンが含まれていたり、ブラックベリーには疲労回復に効果のあるクエン酸が含まれていたりと、同じベリー系でもそれぞれ引き出す効能は独特なのです。